東京に島根がまるごとやってきた

【石見銀山世界遺産登録10周年観光キャンペーン】石見銀山世界遺産登録10周年~大田市郷土料理・工芸品フェア~

石見銀山は2007年7月「石見銀山とその文化的景観」として世界遺産に登録され、今年で10周年を迎えます。郷土料理の角寿司や、銀製品、神楽面、温泉津焼き、温泉津ガラスなどの工芸品を取り揃え、石見銀山・大田市の魅力をお届けします。


場 所:ギャラリースペース(にほんばし島根館)
日 時:2017年07月07日(金) – 2017年07月12日(水)
    10:30~19:00
販 売:石見銀山世界遺産登録10周年観光キャンペーン実行委員会


【工芸品展示・販売 参加店のご紹介】
▼小林工房
石州和紙で作られる「石見神楽面」は、新築・結婚・誕生・還暦などのお祝い品として、全国から注目を集めている。

▼日本シリカ工業
ガラスの器を製造し、県内外の飲食店で使用されている。デザインにこだわり全て手作りで製造。

▼森山窯
高い技術をもって生み出された器は、何とも言えない独特の存在感があり、全国に多数の愛好家を有する。

▼椿窯
島根県ふるさと伝統工藝品指定。椿模様と青磁釉など、透き通るような釉薬を活かした器が特徴。

▼銀の店
オリジナルアクセサリーなど銀製品を製造・販売している。個性的なデザインが多く、種類も豊富に取りそろえている。