東京に島根がまるごとやってきた

【畠山記念館】没後200年 大名茶人 松平不昧と天下の名物ー「雲州蔵帳」の世界

本年は、出雲松江7代藩主で江戸時代を代表する大名茶人松平不昧(1751~1818)が亡くなって200年にあたります。この節目の年に、質・量ともに群を抜く畠山記念館の「雲州蔵帳」記載茶道具を一堂に展示し、茶人、コレクター、そして文化財保護の先駆者でもあった不昧の美意識を探る展覧会を開催します。この機会に、国宝2件、重要文化財4件を含む天下の名物と、不昧の評価が近代への道を開いた様子をご覧ください。


会 期:2018年04月07日[土]-06月17日[日] ※会期中、展示替えを行います。
会 場:畠山記念館 >>>
時 間:10:00-17:00(入館は16:30まで)
休館日:月曜日、(ただし4月30日(月・振休)は開館し、5月1日(火)は休館)、5月11日(金)
料 金:一般700円 大学生・高校生500円
    ※中学生以下無料(ただし、保護者の同伴が必要です)
    ※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は100円引です
お抹茶:500円(干菓子付き) 午前10時より午後4時半まで展示室にて随時


◆列品解説
(展示品について学芸員が解説します。約60分)事前申込不要
4月7日(土)、4月21日(土)、5月12日(土)、5月26日(土) 午後2時より
4月12日(木)、4月26日(木)、5月24日(木) 午前10時半より


◆ミニ・トーク
(主要作品を学芸員が解説します。約20分)事前申込不要
4月8日(日)、4月29日(日・祝)、5月13日(日)、5月27日(日) 午後3時より
4月18日(水)、5月9日(水)、5月30日(水)、6月13日(水) 午前11時より


◆茶室公開「近代の数寄者 畠山即翁の茶室で一服」
5月4日(金・祝)・5日(土・祝)午前10時半~午後3時半まで新座敷にて
両日は、新座敷でお抹茶をお出しします。呈茶代:600円(干菓子付き)
※入館料が別途かかります


◎展覧会チラシ(PDF) >>>
◎出品目録(PDF) >>>


◆相互割引企画<三井記念美術館・畠山記念館>
三井記念美術館「大名茶人・松平不昧」展と畠山記念館「大名茶人 松平不昧と天下の名物」では、展覧会相互割引を実施します。お得なこの期間に、松平不昧の世界をご堪能ください。
詳しくはこちら>>>