東京に島根がまるごとやってきた

【ギンザ・グラフィック・ギャラリー第367回企画展】HARUMI YAMAGUCHI×YOSHIROTTEN Harumi’s Summer

人気イラストレーター・山口はるみの仕事の変遷を追う「Harumi’s Summer」がギンザ・グラフィック・ギャラリーで開催されます。本展は、山口自身の意向で、気鋭のグラフィックアーティストでアートディレクターのYOSHIROTTENとコラボレーション。今夏限りの組み合わせに注目が集まります。

山口はるみは1941年島根県松江市生まれ。東京藝術大学油画科を卒業後、西武百貨店宣伝部デザインルームを経てフリーランスに転身。69年のPARCO1号店(池袋)オープン当初から広告制作にイラストレーターとして参加し、一躍人気を博しました。

「Harumi’s Summer」と題された今回の展覧会は、山口自身の発案により、気鋭のグラフィックアーティストでアートディレクターのYOSHIROTTENとコラボレーション。これまで山口が世に送り出してきた数々の名作を、YOSHIROTTENが独自の視点で切り取り再構築するという内容だ。エアブラシによる代表作をはじめ、多彩な表現技法で描かれたPARCOの「のように」シリーズや、『吉屋信子伝』(田辺聖子著)の挿絵などが展示されます。

‘時代を弾くイラストレーション’ ―山口の盟友小池一子さんがそのように評する山口はるみの仕事と、新世代のクリエイティブとの、ひと夏限りのセッションをお楽しみください。


会 期:2018年07月06日(金)~08月25日(土)
会 場:ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)
    東京都中央区銀座7-7-2 DNP銀座ビル1F/B1F
時 間:11:00~19:00 日曜・祝日休館/入場無料


Harumi Yamaguchi(山口はるみ)

YOSHIROTTEN (ヨシロットン)

ギンザ・グラフィック・ギャラリー(ggg)