東京に島根がまるごとやってきた

【しごとバー】丸ハダカ!教育✕離島ナイト

しごとバー
いろんな分野で活躍している方をゲストとしてお招きし、お酒を飲みながら、ゲストと一緒に会話するイベントです。気軽に参加してください。

_______________________________________

こんにちは。日本海の離島、隠岐・西ノ島(おき・にしのしま)で教育魅力化コーディネーターをしている小山亜理沙です。

隠岐ってどこ?教育魅力化コーディネーターって?という方も少なくないと思います。私もそうでした。

千葉県で教員をしていた頃に隠岐島前高校魅力化プロジェクトを知り、離島だからこそできる教育がある!とピンと来ました。

移住1年目は隠岐島前高校で生物講師をすることになり、住居は高校がある中ノ島のお隣、西ノ島に。

西ノ島は調べても馬と海の写真ばっかりで、移住前は正直不安でした。

でも住んでみると、とっても居心地が良いんです。満員電車や騒音から開放され、夜は満点の星空と虫の声。

その後「いま、ここでしかできないことをしよう」と転職し、現在は西ノ島町で教育魅力化コーディネーターをしています。

教育魅力化コーディネーターの役割は、行政と学校や、地域と学校をつないで、子どもたちが育つ教育の場を豊かにしていくことです。

変化が著しいこれからの世の中で、学校を校内で閉じずに「社会に開くこと」が重要視されています。

地域ぐるみの教育は、人口3000人に満たない小さい地域の得意技。最先端の教育がいま、離島で進められているのです。

離島という地理的なハンディキャップは、ICTでカバー。西ノ島小学校・西ノ島中学校は教育魅力化事業で全館Wi-Fiを整備。2017年にスタートした町営塾「西ノ島学習塾」ではiPadを用いて学習しています。


西ノ島町教育魅力化事業は、本格化してからまだ2年目。

一人ひとりの意見が尊重される組織サイズと、ダイナミックに変化する現場はとても刺激的で、毎日が充実しています。

決して楽な現場ではありませんが、人とのつながりのあたたかさがあるから、楽しく仕事ができています。

また、隠岐島前地域には西ノ島町・海士町・知夫村の3島が隣接していて、全ての島に教育魅力化コーディネーターが在籍しています。

中ノ島には島根県立隠岐島前高校があり、3町村や中学校・高等学校でお互いに連携しながら、切磋琢磨してそれぞれの地域の教育魅力化を進めています。

今回は高校魅力化プロジェクトの創成期を支え、現在、地元の西ノ島町教育魅力化事業に携わる濱板健一先生(西ノ島町立西ノ島小学校教頭)と一緒にお邪魔します。

「教育✕離島の過去・現在・未来」
「地元民と移住者が関わり合いながらの教育づくり」
「田舎で働くように暮らす・暮らすように働く」

そんなことについて、お集まりいただいた皆さんと語り合えたら嬉しいです。

教育現場に関わる上で、教員免許は必須ではありません。

教育魅力化コーディネーターをはじめ、様々な大人が子どもの学びに関わっています。

これからの教育づくり、地域づくりに興味のある方。ぜひ、お気軽にご参加ください。

【西ノ島町】
http://www.town.nishinoshima.shimane.jp/
【隠岐島前教育魅力化プロジェクト】
http://miryokuka.dozen.ed.jp/

__________

小山 亜理沙 (こやま・ありさ)
1987年千葉県出身。千葉県で教員をしていた頃に隠岐島前教育魅力化プロジェクトを知り、夫婦で移住。2015年に島根県立隠岐島前高校で生物講師、2016年に同校で教育魅力化コーディネーター、2017年からは西ノ島町教育魅力化コーディネーターとして西ノ島町の教育現場に携わる。小中学生とその保護者を対象とした「西ノ島しまっこ留学」、中学生向けの町営塾「西ノ島学習塾」、その他西ノ島町教育魅力化事業全般を担当。夫(東京都出身)と娘(島根県出身)と3人暮らし。

_______________________________________

【日 時】
2018年10月06日(土) 20:00 開始
※イベントのメインは22:00まで

【会 場】
リトルトーキョー2F
東京都江東区三好1-7-14

【参加費】
1ドリンク以上オーダー

【facebookイベントページをみる】

【詳細についてはこちら】