東京に島根がまるごとやってきた

【東京都江戸東京博物館】企画展「玉-古代を彩る至宝-」

玉(TAMA)をつなぐ地、魂がつなぐ時。

本展は、古代歴史文化とゆかりの深い14県からなる古代歴史文化協議会と共同で開催します。古代歴史文化協議会の共同調査研究「古墳時代の玉たま類」の成果をもとに、古代の玉たまの歴史的意義をわかりやすく展示します。
 古くより人々は、身を飾る美しさだけでなく、魂・霊(タマ)に通じる神秘性を見いだし、玉を特別な存在として大切に取り扱ってきました。古代の権力構造や地域間関係、さらには精神世界を解明するうえで、玉は極めて重要な手がかりとなります。
 本展は、全国各地から選りすぐった国宝・重要文化財を含む古墳時代の出土玉類を中心に構成します。いにしえの人々の美意識の結晶ともいえる玉を通して、古代日本の歴史・文化を広く紹介します。


会 期:2018年10月23日 (火) − 2018年12月09日 (日)
会 場:東京都江戸東京博物館 常設展示室内 5F企画展示室
時 間:9:30~17:30 土曜日は19:30まで
    ※入館は閉館の30分前まで
休館日:月曜日
主 催:東京都、東京都江戸東京博物館、古代歴史文化協議会(埼玉県、石川県、福井県、三重県、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、福岡県、佐賀県、宮崎県)
観覧料:一般 600円(480円)
    大学生・専門学校生 480円(380円)
    中学生(都外)・高校生・65歳以上 300円(240円)
    中学生(都内)・小学生以下 無料
    *( )内は20名以上の団体料金。消費税込。

詳しくはこちら>> 公式サイト