東京に島根がまるごとやってきた

【立体切り絵SouMa】カミワザ!-驚異の立体切り絵展-

驚異の技術による美しさ。一枚の紙から生まれる奇跡。立体切り絵SouMaの世界。

切り絵とは描線を紙から切り抜いて作られた絵。その切り絵の世界の概念を大きく超え、立体的で重層的、複雑で繊細な美しい作品を生み出すのが、立体切り絵作家SouMa(ソウマ)です。彼女の作品は、下書きなしで一枚の紙からカッターナイフによって切り出され、本物のように編んでいる髪の毛一本一本も驚くほど細く切った紙でできています。さらに驚くことに、その繊細で複雑なパーツ全てが、切り離したり貼り合わせたりすることなく、ひとつに繋がっています。

奇跡的な美しさと信じられないほどの複雑さ、驚きの立体感と息を呑む繊細さ。SouMaによる唯一無二のアートの世界をお楽しみください。


期 間:2019年3月8日(金)~3月31日(日)
    ※開催期間中無休
時 間:10:00~18:00 ※17:30最終入館
料 金:大人(高校生以上)【当日】800円 /【前売】600円
    小人(小・中学生)200円【当日・前売一律】
    ※未就学児無料(単独入場はご遠慮ください)
場 所:東京ドームシティ
    Gallery AaMo(ギャラリー アーモ)
主 催:株式会社東京ドーム
企画協力:GALLERY リトルハイ


立体切り絵作家 SouMa
出身地、島根県。現在も島根県に在住。
小学生の頃から切り絵を始める。美術やデザイン関係の学校で学んだ経験はなく師匠や先生もいない。そして下絵や設計図すらないことがほとんど。全て自身の感性に任せて作品を創作するため、 唯一無二の独創的な作風が特徴である。また全ての作品は貼り合わせているのではなく繋がった1枚の紙からできている。従来の「切り絵作家」という枠を完全に超えた創作活動を展開している。個展は日本国内のみならず海外でも単独個展を開催。アートディレクション、広告キービジュアル制作、実演パフォーマンス、切り絵教室、講演等も行っている。現在、島根県松江市の観光大使も勤めている。

詳しくはこちら>>