東京に島根がまるごとやってきた

【古代出雲文化シンポジウム】出雲と大和ーヤマト王権成立前夜ー

出雲と大和、それは祭祀面、政治面で古代において大きな意味をもつ地。
ヤマト王権が成立する以前、弥生時代から古墳時代にかけての出雲と大和の姿に迫るシンポジウムを開催します。

日 時:2019年8月31日(土)14:00開会、17:30閉会予定(13:00開場)
会 場:有楽町朝日ホール(東京・有楽町マリオン11階、定員700人)
料 金:入場無料(事前申込制)

シンポジウムの内容
〔基調講演〕
「吉備から見た古墳出現期の出雲と大和」
松木武彦(国立歴史民俗博物館教授)

〔映像上映〕
「出雲と大和ーヤマト王権成立前夜ー」

〔報告〕
1.「古墳出現前夜の出雲」
池淵俊一(島根県教育庁文化財課調整監)
2.「大和ーヤマト王権成立前夜ー」
北井利幸(奈良県立橿原考古学研究所附属博物館主任学芸員)

〔パネルディスカッション〕
「出雲と大和、吉備から見るヤマト王権成立前夜」
松木武彦・池淵俊一・北井利幸
司会:田中史生(早稲田大学文学学術院教授)

参加お申し込み
お申し込みの受付を締め切りました。

お問い合わせ先
古代出雲文化シンポジウム参加申込事務局
東京都渋谷区神山町5-5NRビル5階
TEL:03-5790-6439(平日10:00ー17:00/土・日・祝を除く)
FAX:03-5790-0308

チラシはこちら>> オモテウラ