東京に島根がまるごとやってきた

明治大学で島根県・松江市連携講座を開催

島根県では、首都圏の皆様に県の歴史・文化の魅力を知っていただくため、明治大学、松江市と連携し、小泉八雲をテーマとした連続講座を開催します。

※定員に達したため受付終了しました!

講義概要
4月12日(土) 小泉八雲の作品にみる死生観、霊魂観について 金山秋男
4月26日(土) 作家・山田太一から見た小泉八雲 山田太一
5月10日(土) 八雲の『日本の面影』を歩く 池田雅之
5月24日(土) 『雪女』─八雲は日本の民話をどう聞いたか─ 田中瑩一
6月7日(土) 八雲夫人の役割 出久根達郎
講座概要
テーマ 小泉八雲の面影―日本人の源郷 松江、そして島根―
時間 13:00~14:30
会場 明治大学駿河台キャンパス(東京都千代田区神田駿河台1-1)
受講料 5,000円(全5回)
お問合せ・お申込み 明治大学リバティーアカデミー事務局
TEL:03-3296-4423
情報詳細明治大学ホ-ムページ  https://academy.meiji.jp/course/detail/1616/