東京に島根がまるごとやってきた

8/3(月) ユネスコ無形文化遺産「和紙:日本の手漉和紙技術」記念シンポジウム

8月3日(月)東京都中央区にて、ユネスコ無形文化遺産登録記念シンポジウムが開催されます。
石州半紙は2014年10月、本美濃紙・細川紙と共にユネスコ無形文化遺産に再登録されました。認定書伝達式が行われるほか、三紙による紙漉き実演・解説も行われます。

<開催概要>
日時 2015年8月3日(月) 13:00~17:15 (12:00開場)
場所 野村コンファレンスプラザ日本橋 6階大ホール
東京都中央区日本橋室町2-4-3
内容 ▼プログラム 

第1部 認定書伝達式
13:00~13:40 ユネスコ無形文化遺産認定書伝達式

特別企画 3和紙の紙漉き実演
13:45~14:20 石州半紙・本美濃紙・細川紙の紙漉き実演と解説

第2部 記念シンポジウム 
14:20~16:00 記念講演「和紙に秘められた可能性」
16:00~17:10 パネルディスカッション「和紙に秘められた可能性~和紙の多様性と発展~」
入場料 ◆入場無料◆
申込不要:席に限りがありますのでお早めにお越し下さい。
主催 和紙ユネスコ無形文化遺産登録記念シンポジウム実行委員会
問い合せ先 美濃市産業振興部美濃和紙推進課 TEL0575-33-1122