東京に島根がまるごとやってきた

11/1(日)~30(月) 都内書店で「古代歴史文化賞・古代出雲ブックフェア」開催中!

古代歴史文化賞は、記紀・万葉ゆかりの地である島根県・奈良県・三重県・和歌山県・宮崎県の5県共同で、古代歴史文化の学問的基礎が踏まえられつつも、一般読者にとって読みやすくおもしろい書籍のうち最も優れたものを表彰します。

その古代歴史文化賞の受賞作品と、古代出雲についてまとめた地方の代表的な書籍を集めたフェアを都内の各書店にて開催中です。
出雲の写真家が写した「神在月」の写真パネルも展示。出雲の神々を感じ取ってください。

【開催概要】
・ジュンク堂書店池袋本店(期間:10月24日~11月23日)
・紀伊國屋書店新宿本店(期間:11月1日~11月30日)
・八重洲ブックセンター八重洲本店(期間:11月1日~11月30日)
・三省堂書店神保町本店(期間:11月6日~11月30日)
【受賞作品】
<古代歴史文化賞大賞>
「アイヌ学入門」講談社/著者:瀬川拓郎

<古代歴史文化賞優秀作品賞>
「一瓦一説 瓦からみる日本古代史」淡交社/著者:森郁夫

<古代歴史文化賞優秀作品賞>
「東国から読み解く古墳時代」吉川弘文館/著者:若狭徹

<古代歴史文化賞優秀作品賞>
「平安人の心で『源氏物語』を読む」朝日新聞出版/著者:山本淳子

<古代歴史文化賞優秀作品賞>
「万葉集と日本人」KADOKAWA/著者:小川靖彦